シルバー925は大丈夫?知っておきたい金属アレルギーのリスク

金属アレルギーのない笑顔豆知識
この記事は約4分で読めます。


アクセサリーを身につける上で、切っても切り離せないのが金属アレルギーです。

せっかくお気に入りのアクセサリーを見つけても、アレルギーが出てしまうと着けられませんよね。

今回は、シルバーアクセサリーの金属アレルギーについてお話しします。

シルバーアクセサリーは金属アレルギーになりにくい

金属アレルギー

アクセサリーで使われるシルバー925とは何か

シルバーアクセサリーの素材でよく見る「シルバー925」は、銀が92.5%、銅が7.5%の合金になります。

純銀だと柔らかいため、傷が付きやすく、変形しやすいため、銅を入れることで強度を増しています。

シルバーに限らず、プラチナやゴールドでも他の金属と混ぜて強度を増した合金を使用するのは一般的になります。

金属アレルギーが起こるメカニズム

金属アレルギーは、以下のメカニズムで発生します。

  1. 身につけている金属が汗などで溶け出す(イオン化)
  2. 溶けた金属が皮膚のタンパク質と結合して、新たなタンパク質が生まれる
  3. 新たなタンパク質を、体が異物と認識する
  4. 体の拒否反応が、かゆみやかぶれを引き起こす

微量の異物にも反応してしまう感度が強い人がアレルギー体質となるのです。

シルバーの金属アレルギー陽性率は、ゴールドの50〜60分の1

元素記号

一般的に、プラチナ、ゴールド、シルバーは安定した元素のため、アレルギーになりにくいと言われています。

以下は、金属アレルギーの検査をした人が、どの金属のアレルギーだったかを示す割合です。

元素陽性率
ニッケル18.3%
パラジウム12.4%
6.8%
白金(プラチナ)5.3%
4.0%
0.1%

厳密な数値は、調べる対象や数によって変わってくると思いますが、

ここで示したいのは、アレルギーになりやすい金属は、

ニッケル、パラジウム >>> 金、プラチナ、銅 >> 銀

ということです。


銀のアレルギーリスク、ダントツで低いのです!!

一般的にアレルギーになりにくいと言われている金やプラチナの陽性率が、銀に比べて高いのは意外でした。

一般的なアクセサリー素材の金属割合

アクセサリーは強度を増すために合金を使っていますが、

お店でよく見かけるアクセサリーの金属割合はどうでしょうか。

素材金属の割合
プラチナ950プラチナ 95% / パラジウム or ルテニウム 5%
18金金 75% / 銀 12.5% / 銅12.5%
18金ホワイトゴールド金 75% / パラジウム 25%
シルバー925銀 92.5% / 銅 7.5%

先ほどの元素別アレルギー陽性率と合わせて考えると、

シルバー925が、いかにアレルギーになりにくい安心な素材か分かると思います。

過去にシルバーアクセサリーでアレルギーになったけど

「シルバーは金属アレルギーになりにくいと言うけど、過去になったことがある」という方もいると思います。

もちろんシルバーも100%アレルギーにならないわけではないので、中には本当にシルバーが合わない人もいると思いますが、

ほとんどの方は、

  • 昔はシルバー925の割金に使われていた、ニッケルに反応してしまった
  • 銀メッキが剥がれて中の別素材に反応してしまった
  • 銀の上に塗られた別素材のメッキに反応してしまった

という方が多いのではないかと思います。

金属アレルギーの症状

痒い女性

厚生労働省が行った平成15年保健福祉動向調査によると、

20~34歳の女性で、1年間のうちに皮膚性アレルギー様症状があった人は、20.7%
5人に 1人が、何らかの皮膚性アレルギーの症状があったと言うことです。
引用:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/hftyosa/hftyosa03/kekka1-1.html

意外と多いと思いませんか?


症状として一般的なのは、”かゆみ” や “かぶれ” です。

症状が出たら我慢しないで、思い当たるアクセサリーを外しましょう。

長くても数日で症状はおさまるはずです。

金属アレルギーには治す方法がないので、アレルギー症状がでる金属に触れないようにするしかありません。

金属アレルギーの予防方法

金属アレルギーが心配な方は、以下のことに注意しましょう。

  • 夏場など汗を大量にかく前に、アクセサリーを外す
  • 体調が悪い時は、できるだけアクセサリーを付けないようにする(特に新しいアクセサリー)
  • マニュキュアで使うトップコートを、肌に触れる部分に塗る
  • ピアスコートを、肌に触れる部分に塗る

※ トップコートやピアスコートは剥がれたら効果がなくなるので注意が必要です。

金属アレルギーを避けて、アクセサリーを楽しみましょう

毎日アクセサリーを楽しむために、できるだけ自分にあった金属のアクセサリーや、金属アレルギーになりにくい素材のアクセサリーを選びたいですね。

  • 症状が出たら、すぐに外す
  • 症状が出たアクセサリーと同じ素材は避ける
  • シルバーアクセサリーに変える

アレルギーが発症しない、お気に入りのアクセサリーを見つけて、毎日を笑顔にしましょう。

金属アレルギーのリスクが少ないシルバーアクセサリーをお探しなら

フィリグリー ピアス
https://www.maltafiligree.com

地中海のマルタ共和国から、熟練の職人が手作りしたシルバー925のアクセサリーを直輸入しています。

是非、ショップでアレルギーを気にせずに着けられるアクセサリーをお探しください。