失われていく、本物のマルタ製フィリグリー

モノクロフィリグリーリングニュース
この記事は約2分で読めます。


マルタで取引させていただいている職人さんから、こんな切実なメッセージをいただきました。

偽物のマルタ製フィリグリーについて書かれています。

マルタ国外で作られたフィリグリーを、マルタ製と偽って販売している人が多くいます。

マルタの職人が作る本物のフィリグリーよりも安く、もちろん品質も悪い。

なので、私たちのようなマルタの伝統を守る職人が作った、本物のフィリグリーを広めてもらうことは、とても大きな意味があります。

特に、新型コロナウイルスで困難な状況の今、観光収益が大きいマルタのホテルやお店は、経済的にものすごく厳しい状況です。

マルタのフィリグリー職人より


偽物のマルタフィリグリー が出回っていると言うのは聞いていましたが、

あらためて、その問題に直面している職人さんから聞くと、心が痛みます。


品質の悪い(マルタ製と偽った)フィリグリーを買ってしまった人は、「こんなものか」と思って、本当の価値を知ることはできないでしょう。

日本人から見たら「こんなのお寿司じゃない」と思うようなものが、海外ではふつうに日本食として食べられているのと同じです。


本物はちょっと高くても、それ以上に長く愛することができ、何より心を満たしてくれます。

その製品の背景にあるストーリーも含めて本当の価値だと思うのです。


日本もマルタ以上に古くからの伝統が多く残る国です。

普段から本物を使い、愛着を持ち、精神的に満たされることが、これからの時代により大切になってくるように思います。


伝統は一度失われると、再現するのは難しい。

この職人さんからのリアルなメッセージをいただいて、我々マルタフィリグリーとしては、今後も本物のフィリグリーを、1人でも多くの人に知っていただくために頑張っていきます。